お知らせ

2017-03-26 00:00:00

 

「雛祭」

 

 

2月下旬、蕗の薹が一斉に出てきました。冬枯れの庭に早咲きの紅白の梅が香るばかりでしたが、春の息吹が一層強くなってきました。毎年、この蕗の薹で隣のおばあちゃんが、蕗味噌を作ってくれました。懐かしい思い出です。今年は、3月初旬庭の掃除をする折に、蕗の薹を摘み、近所におすそ分けするとともに、蕗味噌と蕗の天ぷらを作りみんなで食べることができました。ありがたいことでした。

 

 

 3月3日は雛祭です。孫のお雛様が飾られました。健やかな成長と内裏雛に象徴される優美で清らかな人として、大きくなってくれることを、願いたいと思います。氏子の皆様の家庭でも同様の事と思います。特に初節句を迎えられたご家庭では喜びも大きく、心からお祝い申し上げます。

私の幼少時代は、4月3日に月遅れで雛祭をしていました。雛祭にはヨモギ餅を搗き、紅白の菱形餅を供えるため、4月を待たければならなかったのです。若かった母が畦道でヨモギ摘みをする姿も遠い昔となってしまいました。

 

 

 3月は年度末で地区の行事、学校の卒業式、保育園の卒園式と様々な行事が行われます。3月12日に、神社の鎮座する上廓では廓祭が行われ、神前に神恩感謝の祈りを捧げるとともに、地区の役員交代や地区が抱える課題などが報告され、和やかな直会が行われました。今月は氏子の各地区で同じように廓祭が行われます。何かと忙しい時季ではありますが、氏子の皆様の一層のご健康とご発展を、衷心よりお祈りいたします。