お知らせ

2017-07-23 23:00:00

 

 九州北部では集中豪雨で大きな災害が発生し、多くの人が犠牲となった。心からお見舞い申し上げたい。この時期には毎年、日本のどこかで豪雨による災害が発生する。平穏な日常を祈っていても、自然の猛威の前にはなすすべがない。少しでも災害が小さく抑えられるよう、防災に心掛けなければならないと、思うことしきりである。

 

 

 関東地方では、先日大きな雷が鳴り、梅雨明けとなった。今年は空梅雨であった。真夏の水不足が心配される。田んぼには、用水から清流が運ばれてくるので、早苗は強い太陽の光を浴びて、力強く株別れし成長している。田植えが終わって、約1ヶ月、この時期は夏祭りの季節だ。京都の八坂神社の祇園祭にならい、各地で八坂祭、天王祭が行われる。言うまでもなく須佐之男命(牛頭天王)を祭り、その強大な力で疫病や災害を未然に防いでいただこうとの祈りが込められている。

 

 

 梅雨明け十日というように、真夏の晴天が続き、一年で最も暑い季節である。25日が土用の丑の日である。ウナギを食べて精をつけ、酷暑を乗り越えたいものである。氏子崇敬者の皆様の益々の御健勝をお祈りしたい。