お知らせ

2019-04-30 21:00:00

 

 4月1日に令和の元号が決定され発表されました。出典は万葉集で、初めて漢籍から離れ、我国の古典から採られました。大化の元号が初めて使用されてより、1,374年ぶりということで、中国の影響の大きさを改めて感じます。その後、元号にまつわる話題が多く取り上げられ大きな盛り上がり方になっています。元号に誇りを感じる人が増えているように思います。 

 

 今年は桜が割合と長く咲いていて、小学校の入学式頃まで美しく保っていました。その後、青葉の季節に変わり、常緑樹は古い葉を落とし、落葉で掃除が大変です。 

 

4月18日は古宮神社の恒例の春祭り、祭典終了後、奥秩父の三峰山に参拝致しました。山上は桜が満開でしたが、少し残雪もありました。山の霊気を感じながらの祈祷と春の陽気に萌えあがる山並みを眺めながらの直会は、心身を洗い清めてくれました。 

 

 4月22日、本年の祭事係の初会合が開催されました。年間祭事予定と5月5日の疫神祭の打ち合わせを行いました。本年は皇位継承儀礼が行われますので、氏子の皆さんに関心を持って臨んでもらいたく、心がけてゆきたいと思っています。 

 

 そうこうするうちに4月30日平成の最後の日を迎えてしまいました。明日は新帝陛下がご即位され、令和元年5月1日となります。今上陛下には本日の午前中、宮中三殿にて譲位の事を奉告参拝され、午後5時に退位礼正殿の儀を行われました。30年間、全身全霊で国民とともに歩まれ、国家の安寧と発展のためにお力を尽くされましたことに、深く深く感謝申し上げたいと思います。今後は上皇として健やかなる日常をお過ごしになられるとともに、令和の御代の繁栄をお見守り戴きたいと思います。本当にありがとうございました。

 


1