お知らせ

2019-07-30 18:00:00

 

 本年は梅雨明けが大変遅く、7月中連日の小雨が続いた。日照不足で夏野菜が育たないと、連日放送している。例年だと20日頃には、梅雨が明け、猛暑が続き真夏日となり、熱帯夜となるのだが、27日現在も台風が近畿地方に上陸し、今夜半には関東地方を横断するとの予報で、断続的に雨が続いている。

 

 梅雨の最中でも、好天に恵まれると、強い夏の日射しがあり、真夏の到来を感じさせてくれるが、梅雨寒の日々が長く続いた。たっぷりの降雨と強い日照は、稲の成長に欠かせない。天候の不順は、即秋の豊作に影響を及ぼす。梅雨明け後の日射しで遅れが回復して欲しい。しかし、高温になりすぎるとこれも稲の成長には悪い影響が出るという。毎朝、農家の方々は田んぼの様子を見て、稲の成長を見守り、水の管理などに気を配る。また、この時期雑草も伸びる頃なので、草取りにも気を抜けない。

 

 本年の秋には、新帝即位に伴う皇位継承儀礼の大嘗祭が行われる。栃木県が悠紀地方に京都府が主基地方に選定され、それぞれ斎田が設けられて、お米と粟の栽培が進んでいる。昨日26日は、皇居東御苑にて大嘗宮の地鎮祭が行われ、一世一代の大嘗祭が行われる御殿の建設が進み、10月下旬には完成する予定という。

 

 いよいよ梅雨明け、最も暑い季節を迎える。氏子崇敬者皆様のいよいよの御健勝を祈りたい。