お知らせ

2019-05-28 21:00:00

 

 5月1日に新帝が即位され、令和と改元されました。新しい御代のはじまりは、剣璽等承継の儀、賢所の儀など神代から皇室に伝えられた三種の神器を継承する儀式・祭祀でした。今上陛下は、建国の初代神武天皇より数えて、126代天皇に当たられます。日本国の古さを改めて実感致します。

 

 

 今後の皇位継承儀礼は、10月22日の即位礼、11月14、5日の大嘗祭でありまして、その期日を奉告する祭祀が、5月8日に宮中三殿で行われ、その日の午後勅使発遣の儀が行われました。御引直衣をいう装束を着けられた天皇陛下の前に勅使が進み出て、皇祖皇宗に奏上する祭文を授けられ「よく申して奉れ」との勅語を拝して、伊勢神宮、神武天皇山陵、更に昭和、大正、明治、孝明の山陵に出向いて、期日奉告の祭典を行われるのです。この事が5月10日にそれぞれの処で行われました。そして5月13日には斎田点定の儀が行われて、悠紀国に栃木県、主基国に京都府が卜定されました。大嘗祭に献る新穀を栽培する斎田が決定され、秋に向けて準備が本格化する事でしょう。恙なく秋の諸行事が迎えられるよう心から祈りたいと思います。

 

 

 5月は新緑の候、新緑に爽やかな風が吹き抜けて、気分爽快です。筍のおいしい時季はあっという間に過ぎて、もう大きな竹に成長しました。陽気はさらに良くなり夏の到来を実感するような日もあります。田植えの便りも各地から聞こえてきます。日本全国の水田に水が湛えられて、早苗のそよぐ季節です。豊葦原の瑞穂国と称えられたことが、実感できます。

 

 

 5月1日は御代始と言うこともあり、神社社頭はお正月に新年を祈るように、たくさんの参詣の人で賑わいました。上皇陛下への限りない感謝をこめ、令和の時代が希望に満ちた時代になるよう、真剣に祈る人々が多かったように思います。神社の多くは神代以来の伝承を持っています。日本国の由来に関わる神話伝承の中に起源があるわけです。新天皇の御代始に、神社社頭に人々が参詣に集まるのは、自然の事であります。この機会に神社で行われる恒例祭祀とは、どんな意味があるのか、考えてみるのもいいのではないでしょうか。

 


2019-04-30 21:00:00

 

 4月1日に令和の元号が決定され発表されました。出典は万葉集で、初めて漢籍から離れ、我国の古典から採られました。大化の元号が初めて使用されてより、1,374年ぶりということで、中国の影響の大きさを改めて感じます。その後、元号にまつわる話題が多く取り上げられ大きな盛り上がり方になっています。元号に誇りを感じる人が増えているように思います。 

 

 今年は桜が割合と長く咲いていて、小学校の入学式頃まで美しく保っていました。その後、青葉の季節に変わり、常緑樹は古い葉を落とし、落葉で掃除が大変です。 

 

4月18日は古宮神社の恒例の春祭り、祭典終了後、奥秩父の三峰山に参拝致しました。山上は桜が満開でしたが、少し残雪もありました。山の霊気を感じながらの祈祷と春の陽気に萌えあがる山並みを眺めながらの直会は、心身を洗い清めてくれました。 

 

 4月22日、本年の祭事係の初会合が開催されました。年間祭事予定と5月5日の疫神祭の打ち合わせを行いました。本年は皇位継承儀礼が行われますので、氏子の皆さんに関心を持って臨んでもらいたく、心がけてゆきたいと思っています。 

 

 そうこうするうちに4月30日平成の最後の日を迎えてしまいました。明日は新帝陛下がご即位され、令和元年5月1日となります。今上陛下には本日の午前中、宮中三殿にて譲位の事を奉告参拝され、午後5時に退位礼正殿の儀を行われました。30年間、全身全霊で国民とともに歩まれ、国家の安寧と発展のためにお力を尽くされましたことに、深く深く感謝申し上げたいと思います。今後は上皇として健やかなる日常をお過ごしになられるとともに、令和の御代の繁栄をお見守り戴きたいと思います。本当にありがとうございました。

 


2019-03-21 11:00:00

 

節分を過ぎ立春になると大分温かくなりました。紅梅が先ずほころび、青梅が咲き庭の中に春の到来を告げてくれます。建国記念の日を過ぎる頃、福寿草が土の中から黄色い花を咲かせました。蕗の薹もいくつも出ています。馬酔木が白い花、ピンクの花を鈴なりに咲かせていています。年度末の忙しい時期を過ごしているうちに、自然は確実に移ろい、陽春の季節になってきました。 

 

2月24日には天皇陛下御在位30年の記念式典が国立劇場で行われました。御即位以来、満30年の月日を国民とともに歩まれて来られた両陛下に心からの感謝を捧げるものであります。御譲位まであと2ヶ月弱となりました。引き続きお忙しい日々と思いますが、お健やかにお過ごしになられますことをお祈りしたいと思います。

 

5月1日には皇太子殿下が第126代天皇として御即位されます。皇位継承に伴います諸儀式、祭事が滞りなく行われ、新しい御代が始まります事をお祈りしたいと思います。

 

3月になりますと急に春を実感します。一雨ごとに温かくなり、樹々の芽も伸びてきます。桜の開花が待ち遠しく感じられます。年度末で神社の祭事係、氏子総代など交代の時期でもあります。自治会、農事組合など多くの役職があり、皆さんの御協力で地区の活動が円滑に運んでいます。

 

3月17日、勤務している学校の卒業式が行われました。1月の学年末試験から慌しい時間を過ごし、一方で入学試験が行われ、新入生を迎える準備が並行して行われます。就学の時間は瞬く間に過ぎ、社会に巣立って行きます。入学時に比べると見違えるほど成長しています。一人一人かけがえのない学生生活を送ったことと思います。御代替りの歳に社会に出る卒業生に、大きな期待と激励の言葉を送りました。

 


2019-01-12 13:00:00

 

立春の前日2月3日、長い冬籠りの生活を終えて、大きく躍動する春を迎える季節の分かれ目に行われる祭りで、平安時代に行われていた「追儺(ついな)」「鬼やらい」と称す、悪鬼邪霊を追い払う行事が今日に伝えられたものです。

 

全国的な節分の行事には、豆撒きとヤキカガシがあります。豆撒きは、大豆を炒って神棚に供えたあと屋外の神々に撒き供え、さらに「鬼は外・福は内」と唱えながら屋内外に撒きます。大豆は、邪気を祓う穀霊という霊力が宿る穀物と言われています。

 

ヤキカガシとは、柊や豆幹(まめがら)に焼いた鰯の頭をつけて戸口に挿したり、家の中でにんにく・毛髪などの臭気の強い物を燃やして邪気の侵入を防ごうとするものです。

 

古来より日本人は、季節の変わり目を大事な生活の節目として参りました。また春は農家の方、お勤めの方、どなたにとりましても大切な季節であります。

 

氏神様の御神前で豆撒きをして全ての邪気を祓い、幸せの福を招き入れるこの節分祭を、充実した春に向けての第一歩として頂きたいものです。 

 

 

【厄除特別祈願祭】

 

・平成31年2月3日(日) 

・9:30~15:00 

・初穂料 3,000 

  ・撤下品 御神札・厄除守・絵馬 

 ・pdf 310203申込用紙はこちら.pdf (0.12MB)

 

 

【豆撒き行事】

 

  ・平成31年2月3日(日) 

  ・17:00より 

  ・氏子の皆様には、事前にお配りした「人形(ひとがた)」を当日お持ち頂き、ご家族お揃いでお参り下さい。

 

 

【節分祭・厄除祈願祭】

 

  ・平成31年2月3日(日) 

・19:00より

・初穂料 5,000

・撤下品 御神札・厄除守・絵馬・福豆・一升枡

 

 


2019-01-04 13:00:00

 

新年あけましておめでとうございます。

 

皆様には輝かしい新春をお迎えになられた事とお慶び申し上げます。

 

 

元旦は風もなく大変穏やかで静かな1日でありました。早朝、家の歳神棚をはじめ神棚・御霊舎・屋敷の稲荷社に紅白のお供餅を供え、元旦恒例のうどんを供えて新しい年の平穏と幸せを祈りました。元旦の朝食はうどんで、夜にはごはんを供えて、家族はとろろご飯を食べます。我が家の正月3ケ日の家例です。 

元日の家の神祭を済ませてから、神社に出て歳旦祭、新年特別祈願祭の御奉仕を致しました。歳旦祭には、氏子総代、祭事係の皆さんが参列をして、皇室の弥栄と氏子の皆さんの御安泰、御幸福を祈らせていただきました。その後、恒例の獅子舞奉納があり、たくさんの見学者で賑いました。穏やかな元旦の如く、本年が平穏な1年でありますことを祈った次第です。

 

 

本年は今上陛下が御譲位され、皇太子殿下が5月1日に126代天皇として御即位されます。そして秋には即位礼、大嘗祭と即位に伴う諸儀礼が行われることになります。諸儀式がつつがなく全国民の奉祝の中に行われますことを、衷心よりお祈り致したいと思います。

 

 大嘗祭は、新帝が御即位後初めて行われる新嘗祭の事で、御一代一度の最も大切な祭祀とされてきました。大嘗宮という黒木茅葺の簡素な建物を造営して、新穀の稔る秋の11月に皇祖天照大御神、および天神地祇に、新穀の御飯や白酒・黒酒を中心とした神饌を天皇自らお箸をとって取り分け、お供えになります。そして、国家安泰、五穀豊穣を祈られます。神代の風儀を伝える祭儀と言ってよいでしょう。 

 

 

新春を迎えたとは言え、これから寒の入りで、1年で最も寒い時期です。氏子の皆様にはくれぐれも健康に御留意され、益々御発展されますよう、そして今年が良い年でありますようお祈りを申し上げます。 

 

平成31年元旦 

古宮神社宮司 茂木貞純 

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9