お知らせ

2018-11-27 00:00:00

 

11月に入り急に秋が深くなりました。山茶花が満開です。葉もひっきりなしに落ちてくるので、掃き掃除が間に合いません。少し放っておくと落葉の絨毯になってしまいます。

 

 

11月は七五三詣です。当社も着飾った子供たちでにぎわいました。晴着を着て神前に成長を感謝し、これからの無事の成長を祈ります。ご両親やご親族にとっては喜びもひとしおです。お母さんが着た晴着を子供さんが着てお参りに来た方もいました。祈りのこもった晴着が代々受け継がれてゆく、家の永続や発展につながることで麗しい風習です。11月15日が七五三詣となったのは、秋の収穫祭と関係深く、豊作の喜びの中で子供の成長を祈願したことに由来します。

 

 

11月23日は新嘗祭です。本年は災害の多い年で、夏の猛暑や台風の襲来は稲作に大きな影響を与えたようで、平年よりやや不作との結果であったようです。しかし、秋の収穫の喜びは格別で、神前に初穂や海山野の味物を供えて、収穫に感謝して来年の豊作を祈りました。地元の自治会長をはじめおもだった役職を務める来賓、農業関係者の代表が参列して、玉串拝礼をしていただきました。それぞれのお立場で地域発展のためにご活動いただいているわけで、心から感謝申し上げた次第です。

 

 

本年は当地区にとっても、節目の時でした。長年の構想であった農地整理の事業がようやく開始されました。関係者の皆さんのご尽力の賜物と敬意を表したいと思います。当地も農業の後継者は激減していて、農地の管理さえままならない状態となっています。今まで生活を支えてくれた農地を使いやすい状態にして将来に渡してゆく、あとは次の世代の人が受け継いでくれるものと思います。明るい未来が開けるよう祈ってやみません。

 

 

新嘗祭が過ぎると、一段と寒さも増してきます。まもなく師走です。氏子崇敬者の皆様の一層のご健康とご発展をお祈り申し上げます。