お知らせ

2018-04-29 11:00:00
404137C7-.jpg

 

 今年は桜の開花が早く、4月初旬には5月の連休のような陽気となり、若葉の季節到来である。4月18日に春祭りが行われた。本日を限りに1年間ご奉仕していただいた祭事係が交代となる。そこで春祭り終了後、恒例で三峯神社に登拝している。マイクロバスで一路、三峯神社に向かい、午前11頃到着した。例年ならば桜が満開なのだが、今年は八重桜のみが咲いている珍しい光景であった。山上はさすがには肌寒く、小雨が降っていたが、大勢の参拝客で賑わっていた。参拝祈願を終えて、直会会場に入る頃、雲が晴れて、早春の山肌が現れてきた。心が洗われる清々しさである。総代、祭事係、地区の三峯講の人々と共に、和やかな直会の膳を囲んで、夕刻に無事下山した。 

 

 

4月22日新祭事係の初会合を行う。新たに総代さん2名も交代となり、新祭事係全員が集合して、自己紹介を行い、55日の疫神祭の打ち合わせをして、散会となった。境内はすっかり青葉の季節となり、筍も2メ-トル程に伸びている。2週間前に小さな芽を出していた筍だ。今年も旬の初物をおいしくいただいた。自然の恵みに感謝である。 

 

 

4月初旬、入学式があり、新学期がスタ-トをした。諸団体も新年度の諸行事が始まっている。草木は勢いよく繁茂している。農作業もそろそろ忙しくなる。氏子崇敬者の皆様の愈々のご発展を心からお祈り申し上げたい。

 


2018-03-24 21:00:00

 

3月に入り急に暖かな日が増えてきた。ようやく春陽の季節到来である。孫娘の内裏雛を飾り、お祝いした。昔は、月遅れの4月3日が雛祭で、春の彼岸過ぎに家に伝えられた雛をすべて飾り、紅白餅、草餅を菱形に切り、三重ねにしてお供えした。蓬を摘み、草餅を搗くには3月下旬を待たなければならなかったからである。4月3日が過ぎるとすぐに雛をしまうのが良いとされた。今は3月に飾り、4月3日まで飾って置く。雅やかな内裏雛は、春の到来の象徴であり、女児の健やかな成長を祈るのにふさわしい。 

 

 

初旬には今年も蕗の薹を摘み、旬の生気をてんぷらにしていただいた。山紅葉の芽が大きく膨らんで、新芽が伸び始めている。東京では、靖国神社の桜が咲いたということで、17日に開花宣言が行われた。北関東の当地方では、まだ蕾は固いがうっすらと桜色になってきて、彼岸が過ぎれば、一斉に開花ということになりそうである。 

 

 

3月は年度末ということで、卒園式、終業式、卒業式が行われ、様々な会の決算、引継ぎなどが行われる。園児や生徒、学生にとっては、大きな節目である。節目をいくつも重ねて大きく成長して欲しい。 

 

 

境内を見渡すと雑草が其処かしこに、芽を伸ばし始めている。放っておくと雑草だらけになってしまうので、これから草引きが大変である。それにしても大地の豊かさに改めて気付かされるのである。来月になると農作業も忙しくなる、氏子崇敬者の皆様の一層のご発展をお祈りしたい。

 


2018-02-26 09:00:00
福寿草.jpeg

 

 

 わが社では、節分に氏子の方々が社頭に豆まきに来るのが習わしである。節分の夕刻、各家々で先ず豆まきをする。「鬼は外、福は内」と大きな声を出して豆をまき、その後人形に家族の名前を書いたものを持参して、家族そろって豆まきをする。境内は夕刻から午後8時ころまでは豆まきの人々でにぎわい、参拝の家族同士そこかしこであいさつを交わす光景が見られる。神社では午後七時に節分祭を行い、あわせて厄除祈願祭を行って、厄を祓い、福を呼び寄せる。

 

 

 

 翌日は立春で日曜日、本年からこの日に厄除祈願を随時受け付けて、朝から夕刻まで、厄除祈願祭を実施した。日曜日でないとお参りに来られない方を想定して、氏子と兼務社地域の方々にも案内をした。その結果、多くの方が参拝に見えて、皆さんの要望に応えられたことが大変に良かった。

 

 

 

 今年は寒い日が続いているが、建国記念日、2月17日の祈年祭も過ぎて、温かい日が少しずつ増えてきた。庭に福寿草の黄色い花が咲く季節になり、梅の花もほころび始めた。三寒四温、少しずつ春の到来が実感できるようになってきた。まだ寒い日が続くが、氏子崇敬者の皆さんの一層の御発展と御健康を祈りたい。

 


2018-01-15 10:00:00

 

立春の前日2月3日、長い冬籠りの生活を終えて、大きく躍動する春を迎える季節の分かれ目に行われる祭りで、平安時代に行われていた「追儺(ついな)」「鬼やらい」と称す、悪鬼邪霊を追い払う行事が今日に伝えられたものです。

 

全国的な節分の行事には、豆撒きとヤキカガシがあります。豆撒きは、大豆を炒って神棚に供えたあと屋外の神々に撒き供え、さらに「鬼は外・福は内」と唱えながら屋内外に撒きます。大豆は、邪気を祓う穀霊という霊力が宿る穀物と言われています。

 

ヤキカガシとは、柊や豆幹(まめがら)に焼いた鰯の頭をつけて戸口に挿したり、家の中でにんにく・毛髪などの臭気の強い物を燃やして邪気の侵入を防ごうとするものです。

 

古来より日本人は、季節の変わり目を大事な生活の節目として参りました。また春は農家の方、お勤めの方、どなたにとりましても大切な季節であります。

 

氏神様の御神前で豆撒きをして全ての邪気を祓い、幸せの福を招き入れるこの節分祭を、充実した春に向けての第一歩として頂きたいものです。

 

 

 

○平成30年2月3日(土)

 

 ○豆撒き行事 午後5時より

 ・氏子の皆様には、事前にお配りした「人形(ひとがた)」を当日お持ち頂き、ご家族お揃いでお参り下さい。

 

 ○厄除祈願祭 午後7時より

 ・初穂料 5千円

 ・撤下品 御神札等の他、福豆・一升枡

 

※尚、厄除祈願は翌日4日にも、午前9時30分~午後3時の間、随時受付致します。詳しくはお知らせ「厄年のおはらい」をご参照下さい。

 


2018-01-15 10:00:00

 

古宮神社ではご相談に応じて、各種ご祈祷をご奉仕致しておりますが、近隣奉仕神社の社務と重なるなど、中々ご都合の日程にご奉仕が叶わないこともございます。

 

つきましては予てからご要望もあり、本年2月4日(日)を厄除の特別祈願日として当日随時受付致しますので、ご都合のお時間にて、是非この機会にお参り下さいますようご案内申し上げます。

 

尚、事前のお申し込みも承りますので、前日までに社務所へお申し出下さい。事前受付の方は、当日優先的にご案内致します。社務所が不在の場合は、申込用紙を郵便受けにご投函下さい。

地域の皆様のご平安を心よりお祈り申し上げます。

 

〇平成30年2月4日(日)

〇受付時間 9:30~15:00

〇初穂料 3千円

〇撤下品 御神札・厄除御守・絵馬

・祈祷時間はおよそ30分程度です。

・駐車場の入口は鳥居の左右に二ヶ所ございます。

 

 

男 性

前厄 本厄 後厄

24歳 亥

(平成7年生)

25歳 戌

(平成6年生)

26歳 酉

(平成5年生)

41歳 午

(昭和53年生)

42歳 巳

(昭和52年生)

43歳 辰

(昭和51年生)

60歳 亥

(昭和34年生)

61歳 戌

(昭和33年生)

62歳 酉

(昭和32年生)

女 性

 前厄

本厄

後厄

18歳 巳

(平成13年生)

19歳 辰

(平成12年生) 

20歳 卯

(平成11年生) 

32歳 卯

(昭和62年生) 

33歳 寅

(昭和61年生) 

34歳 丑

(昭和60年生) 

 60歳 亥

(昭和34年生)

61歳 戌

(昭和33年生) 

62歳 酉

(昭和32年生)