お知らせ

2018-06-29 19:00:00
IMG_7181.jpg

 

 水無月の日数も残り少なく、大祓がまぢかに迫っている。社頭に設けた茅の輪は、すっかり枯れ色に変わり、梅雨の晴れ間の強い日差しを受けて、参拝者を迎えている。鎮守の森の樹々は、すっかり葉を茂らせて、すっぽりとお宮を包んでいる。梅雨の長雨にも、強い日差しにも負けないように、濃いみどりに彩られている。 

 

 今月の中旬には、地区内の田植えもほぼ済み、水田に早苗の光景が広がっている。古宮神社では、6月17日(日)に田んぼ学校を開催した。日本文化興隆財団の主催で毎年開催されているものだが、今年は都会地の親子、國學院大學の学生、留学生合わせて約70名に地元の氏子総代やボランティアなど合わせると100名を超える人々が集い、田植え行事を楽しんだ。 

 

 開校式の後、先ず豊作祈願祭を行い、豊作と参加者一同の御加護を祈り、地元の小学生が浦安の舞を奉納した。その後、日本人とお米の関係について講話した。子供たちと両親の双方によくわかって貰えるように話すことは、大変難しいが、社頭で祈願祭をした直後であるので、神のめぐみによって、豊作がもたらされることが、素直に理解されるように思える。 

 

 午後、一同で田んぼに向かい、田植え体験をした。代掻きした田に素足を入れ、早苗を植えてゆく。たった3本程度の早苗が、秋にたわわな稲穂を実らせる。生命成長の不思議を実体験できる。子供たちにも何か、大事なものが伝わることを期待したい。 

 

 

 

 6月晦日の大祓は、夏越の大祓と呼ばれる。農家の方々にとっては忙しい田植えが終わり、少しホッとする時期でもある。ここで大祓をして心身を清め、リセットするのだ。実際には体を休めて、猛暑の夏に備える意味もあるのだろう。夏に流行する疫病をはらう意味もある。茅の輪をくぐり、心身共に清めて、後半の半年を健康に過ごして欲しい。氏子崇敬者の皆様の一層のご発展をお祈りいたします。

 


2018-06-10 06:30:00
茅の輪.jpg

 

【ご案内】夏越の大祓・茅の輪くぐりにどうぞお越し下さい 

 

大祓は、日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに身についた心身の穢れを祓い清め、人が生まれもった清い心に立ち還り、無病息災を祈る神事です。年2回、6月30日(夏越の大祓)と、12月31日(年越の大祓)に行われます。 

 

氏子の皆様には、総代を通じて事前にお配りする人形(ひとがた)に、自らの穢れをうつして神社へお納め下さい。 

 

また境内には氏子有志により、大きな茅の輪(ちのわ)が設置されました。茅の輪は、祓えや疫病除けの力を持つもので、これをくぐってお参りすることで、氏子各位が心身ともに健康で夏を過ごせるようにとの祈りが込められています。大祓当日に参加できない方も、是非茅の輪をくぐり、心身の健康をお祈り下さい。(7月上旬まで設置予定) 

 

 

・日 時  6月30日(土) 午後5時より

 

・備 考  人形は当日神社でもご用意致しますのでお申し出ください。

 


2018-05-20 14:55:00
DSC_0636.JPG

 

5月5日、好天に恵まれる中、疫神祭(やくじんさい)が恒例の通り滞りなく行われた。境内は若葉が出そろい、さわやかな風が青葉若葉を吹き抜ける。いつの間にか筍は、数メ-トルにも伸びている。適度に日の当たる木々の根元には、蕗が大きな葉を広げている。疫神祭は、これから農作業が忙しくなる前に地区内の疫神を祓い、地区内に災いが入らないよう境にフセギの札を立てる行事である。 

 

 

午前8時、氏子総代、祭事係、獅子舞保存会の方々が集合し、境内を清掃し、準備に取り掛かる。8時半には今日の主役である子供たちも集まってくる。子供たちは獅子舞の装束を着け、祭り半纏を着て準備をする。

 

午前9時、全員拝殿前に集合して、疫神祭の祭典を行い、雨風が適度で豊作になるよう祈ると、子供たちは獅子頭をかぶり、行列を整えて地区内の祓に出発した。篠笛のお囃子に合せて太鼓をたたき、決められた順路で先ず地区内の寺の梅岩院を目指す。昭和30年代までは、各戸の家の中にまで入りお祓いしたが、土間が無くなり、戸数も増えたことから、現在は、地区内全域をめぐるだけになっている。

 

10時頃、梅岩院に着くと小休止し、獅子舞保存会のメンバ-により本堂の前で獅子舞が舞われた。その後、また列を整えて決められた道順で神社へ向かう。11時半頃神社に帰ると、ここでも獅子舞保存会のメンバ-により獅子舞が舞われた。今年も多くのカメラマンが取材に来てくれた。終って直会を行い、今年の疫神祭の行事を滞りなく終えた。 

 

 

成長力に溢れる子供たちの力によって疫神を祓うのでなるべく多くの子供たちの参加が有難い。小学校の校長先生や教員の方も参加していただき子供たちもうれしい限りである。これから田植えを控えて、農作業も忙しくなる。氏子崇敬者の一層の御健康御発展を祈りたい。