お知らせ

2018-06-10 06:30:00
茅の輪.jpg

 

【ご案内】夏越の大祓・茅の輪くぐりにどうぞお越し下さい 

 

大祓は、日々の暮らしの中で知らず知らずのうちに身についた心身の穢れを祓い清め、人が生まれもった清い心に立ち還り、無病息災を祈る神事です。年2回、6月30日(夏越の大祓)と、12月31日(年越の大祓)に行われます。 

 

氏子の皆様には、総代を通じて事前にお配りする人形(ひとがた)に、自らの穢れをうつして神社へお納め下さい。 

 

また境内には氏子有志により、大きな茅の輪(ちのわ)が設置されました。茅の輪は、祓えや疫病除けの力を持つもので、これをくぐってお参りすることで、氏子各位が心身ともに健康で夏を過ごせるようにとの祈りが込められています。大祓当日に参加できない方も、是非茅の輪をくぐり、心身の健康をお祈り下さい。(7月上旬まで設置予定) 

 

 

・日 時  6月30日(土) 午後5時より

 

・備 考  人形は当日神社でもご用意致しますのでお申し出ください。

 


2018-05-20 14:55:00
DSC_0636.JPG

 

5月5日、好天に恵まれる中、疫神祭(やくじんさい)が恒例の通り滞りなく行われた。境内は若葉が出そろい、さわやかな風が青葉若葉を吹き抜ける。いつの間にか筍は、数メ-トルにも伸びている。適度に日の当たる木々の根元には、蕗が大きな葉を広げている。疫神祭は、これから農作業が忙しくなる前に地区内の疫神を祓い、地区内に災いが入らないよう境にフセギの札を立てる行事である。 

 

 

午前8時、氏子総代、祭事係、獅子舞保存会の方々が集合し、境内を清掃し、準備に取り掛かる。8時半には今日の主役である子供たちも集まってくる。子供たちは獅子舞の装束を着け、祭り半纏を着て準備をする。

 

午前9時、全員拝殿前に集合して、疫神祭の祭典を行い、雨風が適度で豊作になるよう祈ると、子供たちは獅子頭をかぶり、行列を整えて地区内の祓に出発した。篠笛のお囃子に合せて太鼓をたたき、決められた順路で先ず地区内の寺の梅岩院を目指す。昭和30年代までは、各戸の家の中にまで入りお祓いしたが、土間が無くなり、戸数も増えたことから、現在は、地区内全域をめぐるだけになっている。

 

10時頃、梅岩院に着くと小休止し、獅子舞保存会のメンバ-により本堂の前で獅子舞が舞われた。その後、また列を整えて決められた道順で神社へ向かう。11時半頃神社に帰ると、ここでも獅子舞保存会のメンバ-により獅子舞が舞われた。今年も多くのカメラマンが取材に来てくれた。終って直会を行い、今年の疫神祭の行事を滞りなく終えた。 

 

 

成長力に溢れる子供たちの力によって疫神を祓うのでなるべく多くの子供たちの参加が有難い。小学校の校長先生や教員の方も参加していただき子供たちもうれしい限りである。これから田植えを控えて、農作業も忙しくなる。氏子崇敬者の一層の御健康御発展を祈りたい。

 


2018-04-29 11:00:00
404137C7-.jpg

 

 今年は桜の開花が早く、4月初旬には5月の連休のような陽気となり、若葉の季節到来である。4月18日に春祭りが行われた。本日を限りに1年間ご奉仕していただいた祭事係が交代となる。そこで春祭り終了後、恒例で三峯神社に登拝している。マイクロバスで一路、三峯神社に向かい、午前11頃到着した。例年ならば桜が満開なのだが、今年は八重桜のみが咲いている珍しい光景であった。山上はさすがには肌寒く、小雨が降っていたが、大勢の参拝客で賑わっていた。参拝祈願を終えて、直会会場に入る頃、雲が晴れて、早春の山肌が現れてきた。心が洗われる清々しさである。総代、祭事係、地区の三峯講の人々と共に、和やかな直会の膳を囲んで、夕刻に無事下山した。 

 

 

4月22日新祭事係の初会合を行う。新たに総代さん2名も交代となり、新祭事係全員が集合して、自己紹介を行い、55日の疫神祭の打ち合わせをして、散会となった。境内はすっかり青葉の季節となり、筍も2メ-トル程に伸びている。2週間前に小さな芽を出していた筍だ。今年も旬の初物をおいしくいただいた。自然の恵みに感謝である。 

 

 

4月初旬、入学式があり、新学期がスタ-トをした。諸団体も新年度の諸行事が始まっている。草木は勢いよく繁茂している。農作業もそろそろ忙しくなる。氏子崇敬者の皆様の愈々のご発展を心からお祈り申し上げたい。

 


2018-03-24 21:00:00

 

3月に入り急に暖かな日が増えてきた。ようやく春陽の季節到来である。孫娘の内裏雛を飾り、お祝いした。昔は、月遅れの4月3日が雛祭で、春の彼岸過ぎに家に伝えられた雛をすべて飾り、紅白餅、草餅を菱形に切り、三重ねにしてお供えした。蓬を摘み、草餅を搗くには3月下旬を待たなければならなかったからである。4月3日が過ぎるとすぐに雛をしまうのが良いとされた。今は3月に飾り、4月3日まで飾って置く。雅やかな内裏雛は、春の到来の象徴であり、女児の健やかな成長を祈るのにふさわしい。 

 

 

初旬には今年も蕗の薹を摘み、旬の生気をてんぷらにしていただいた。山紅葉の芽が大きく膨らんで、新芽が伸び始めている。東京では、靖国神社の桜が咲いたということで、17日に開花宣言が行われた。北関東の当地方では、まだ蕾は固いがうっすらと桜色になってきて、彼岸が過ぎれば、一斉に開花ということになりそうである。 

 

 

3月は年度末ということで、卒園式、終業式、卒業式が行われ、様々な会の決算、引継ぎなどが行われる。園児や生徒、学生にとっては、大きな節目である。節目をいくつも重ねて大きく成長して欲しい。 

 

 

境内を見渡すと雑草が其処かしこに、芽を伸ばし始めている。放っておくと雑草だらけになってしまうので、これから草引きが大変である。それにしても大地の豊かさに改めて気付かされるのである。来月になると農作業も忙しくなる、氏子崇敬者の皆様の一層のご発展をお祈りしたい。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...